リフォームとは規模が違う?プチリフォームって一体何?

どうしてプチリフォームを行うのか?

家族がのびのびと過ごせる家を作る為

体の事を考えてプチリフォームをする事

年を重ねると今まで出来ていた事も出来なくなったり、少し時間がかかったりします。
特に、家の設備が古いとなると生活にも支障が出てくると思います。
大きな病気で体が思うように動かなくなったりすると、少しの段差や階段での転倒や大きなケガを招く事があります。

プチリフォームは、そんな体の事を考えてする為にあるのです。
場合によっては打ちどころが悪くて死に至ってしまう可能性もあります。
快適に過ごす為に安全の為に、早くから会談に手すりを取り付けたり、お風呂を低く広くするなどのプチリフォームをして置くと安心で安全な暮らしを送る事が出来ると思います。
年を重ねてから行うよりも、早めの対策をする事により不便な部分の解消に繋がります。

住まいを安全にするプチリフォームについて

家の中にはいくつか危険な箇所が多いそうです。
一番危険なのが、階段であり降りる時が一番危ないそうです。
前の記事でも紹介したように、手すりを取り付けるだけで落下や踏み間違いを防ぐ事が出来ますが、階段の多くはフローリングと同じ素材で出来ていると思います。

年を重ねると皮脂が少なくなり、滑りやすく感じる事が多くなります。
そうすると階段でも滑ってしまう事が多いのです。
このような事を防ぐには、階段の床面を滑りにくい物にしたり、滑り止めを付ける対策も一緒に行うと安全度は高まると思います。
いくつか家に潜む危険な箇所を再度点検する事で、プチリフォームにかかる時間もお金も節約出来ますし、家庭内での事故も大幅に抑える事が出来ます。


このコラムをシェアする