リフォームとは規模が違う?プチリフォームって一体何?

どうしてプチリフォームを行うのか?

住まいの悩みをなくす為

高齢化社会になりつつある現代では、快適に過ごす為に家を不便な所をプチリフォームする人が増えてきています。
その大きな理由は、大きなケガを防いだり年を重ねてもなるべく自分の力で生活出来る環境を整える為です。
介護が必要な人もいるので、介護が少しでもしやすくなるようにプチリフォームをする人達もいます。
多くの家が、最初から快適に過ごせるような作りに今はなっていると思います。

屋根には太陽光発電が付いていたり、最初から段差がない家もあったり、設備も最新の物が多いです。
しかし、昔から住んでいる人や団塊世代と呼ばれる人達の家は昔は最新でも今では古い設備の家がほとんどです。
古すぎると、プチリフォームだけではすまない家も多いようです。
ですが、全てを直すとなると相当な金額もかかる為、少しづつ家をプチリフォームして住みやすくするしかないのです。
目的に応じた設備に取り替えるだけでも十分快適な空間を作り出す事は可能です。

元々、プチリフォームとは、壁面や床面や収納棚の奥行きを生かす方法で用いられてきたやり方でもあります。
しかし、都内の住宅の多くはペンシルハウスと呼ばれており、縦に長い家が多くどうしても収納スペースが限られてしまいます。
このような狭い家でも空間を上手に利用する事で収納がたっぷりの家に変身する事が出来ます。
大幅な工事をしなくても空間を埋めたり、利用するプチリフォームをするだけで快適な空間は作り出す事が出来ます。